Organization

データ活用組織の構築支援事業

日々高まる「データ活用組織構築」の重要性

データ活用に対する関心の高まり、データ活用能力の差による競合間格差の広がりを受け、ビジネスにおけるデータ活用の取り組みは日々重要度を増しています。またビジネスにおけるデータ活用を推進していくためには、推進者(経営層、プロジェクト管理者)と実務者(データ活用人材)が組織立って取り組むことと、実務者(データ活用人材)の役割とスキルセットに応じて、適切な人員を組み合わせることが重要です。

株式会社jeki Data-Driven Lab(JDDL)では、プロジェクトの規模や成熟度、導入されているソリューションアーキテクチャーに応じて、最適な人員を組み合わせて、組織的にデータ活用を図るための業務支援を行います。

組織づくりにおける課題

✔ 何から手をつけて良いのかわからない

✔ 成果があまりあがらない(継続的に取り組めない)

✔ プロジェクト・組織をけん引できる経験豊かな人材が不在している

✔ データが煩雑すぎて活用まで活かしきれない

✔実務者(データ活用人材)が不足している

✔ データ活用のノウハウが不足している

✔ 組織の中で横断的な取り組みができていない(部門・事業間に壁がある)

✔ あまりコストをかけたくない

それぞれの課題に応じて、最適な組織づくりの支援・適材適所なデータ活用人材の提供を通じて、お客様の課題解決およびビジネスにおけるデータ活用を推進していきます。

サービスご提供における「5つ」のポイント

JDDLの「データ活用組織の構築支援事業」では、以下の「5つ」のポイントを重視しております。

1.コンサルティング

弊社のサービスは単なる「人材提供」ではなく、お客様が自社でデータ活用を推進していくために必要となる、「最適な組織作り」のコンサルティング業務を実施しております。

2.人材提供

コンサルティングと並行して、実際にお客様のデータ活用プロジェクトに参画する人材を提供致します。課題に応じた役割・スキルセットを持った実務者(データ活用人材)を提供することで、すぐにデータ活用事業・プロジェクトを推進することが可能です。

3. 柔軟な業務遂行

「データを自社のオフィスの外に持ち出すことができない」等の機密性や取り扱いに配慮し、「オンサイト型」(お客様のオフィス内に常駐して業務遂行)の人材提供を実施しております。

また、「リモートワークでも業務は可能」といった場合には「オフサイト型」(業務を持ち帰ってJDDL内で業務遂行)など業務遂行形態についてフレキシブルに対応致します。

※「派遣契約」や「業務委託契約」など、お客様のご希望に合わせた契約形態をお選び頂くことが可能です。

4. ご予算に合わせて

「まずは実験的に小規模なプロジェクトから始めたい」といった場合や「全社的な大規模プロジェクトで人が足りない」といった様々なフェーズ、ご予算に合わせてデータ活用人材をご提供することが可能です。

5. 多様な人材が在籍

JDDLは「データ活用の専門家集団」として、データに関する様々な人材が在籍しております。組織構築をするための「プロジェクト推進」に必要な人材や、最新の「マーケティングテクノロジー」を駆使してデータ分析を行う人材など、多種多様な人材がお客様のデータ活用をご支援致します。

実績と信頼性

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するデータ活用に関わるプロフェッショナル人材のエージェンシー(紹介・派遣)、分析業務のプロデュース(委託・請負)に関する専門サービス「Symbiorise(シンビオライズ)」と協力関係にあるため、そのナレッジを生かした実績と信頼性を豊富に兼ね備えております。

Description of Business
事業内容
Contact Us

お問い合わせ

サービスに関するご相談はこちらからお願い致します。