Data-Driven Marketing

データドリブン・マーケティング事業

プロデュース事業

DMP/CDPの基盤構築、BIダッシュボード開発による可視化、UI/UX改善のためのウェブ解析、チャネル別の広告効果測定、統計を用いたKPI相関分析、顧客行動パターンから分類するクラスタリング分析、M/A施策、ウェブ上でのターゲティング施策など、データ活用に関わる基盤構築、分析、解釈、施策活用の一気通貫での取り組みを業務支援します。

経験豊富なプロフェッショナルが目的の明確化、要件定義を行い、業務プロセスを設計し、データ活用組織の体制構築、推進を執り行います。

プロデュースの対象領域

データ活用の全体設計

データからアクションにつなげて価値にもたらすためには、データ活用の業務プロセスをドミノのように一つずつ倒していくように進めることが肝要です。
弊社のプロジェクトマネジャーが中心となり推進を図ります。

  1. 目的を明確化する
  2. 要件定義する
  3. データ整備
  4. レポート
  5. 分析・解釈
  6. 意思決定
  7. 施策実行
  8. PDCAサイクル運用
  9. 組織展開

要件定義

KPIツリーマップの設計

ゴールに対する要因分解を行い、どのような施策および分析が必要なのかを設計し、全体像を明らかにします。

課題と手法

KPIツリーマップ設計後に、より詳細な課題と手法のマッピングを行い、優先順位などの意思決定に利用します。

ウェブ解析

Googleアナリティクス、Google 360、Adobe Analytics、などのウェブアクセス解析ソリューションツールを用いたデータ取得と分析コンサルティングサービスを行います。
例えば、ECサイトにおける売上向上のために、データ計測環境の整備後、導線設計を見直すためのコンテンツやパス分析を実施し、コンバージョンレートを改善します。
また、ヒートマップツールや競合分析ツールを用いることで、サイトのレイアウトの見直しや競合サイトとの比較による改善ポイントの洗い出しなどを行います。
UI/UXデザイナーのプロフェッショナルが、データと経験を活かして論理的に分析を行い、PDCAサイクルの運用を支援します。

BI開発

目的の明確化,要件定義からはじめて、必要なデータを統合・加工し、可視化のためのBIツールを駆使しダッシュボードを構築することにより、ビジネスやウェブサイトの状態を瞬時に把握でき、問題点や機会がどこなのかを分析・判断しやすいようにします。時系列の変化や比較、構成分布などをグラフチャートで可視化することにより、ビジネスにおける意思決定を強力にバックアップします。
データプロデューサーおよびデータエンジニア、BIエンジニアなどのプロフェッショナルが、要件定義から設計を行い、組織内で広く活用できるように、ダッシュボードの開発と共有設定、現場浸透のためのレクチャー等を行います。

分析・改善提案(KPI相関分析、RFM分析、クラスタリング分析、ベイズ分析、等)

DMPやM/Aなどマーケティングテクノロジーの活用を推進するにあたり、ターゲティング配信の対象を全体のオーディエンスでなく、よりパーソナライズ化されたオーディエンスへ配信アプローチを図ることが求められています。ユーザーの行動特徴パターンや属性やその時のモーメントを捉えて、適切な情報提供を行います。

例えば、サイトへの定着度の判別や行動パターンが似ているユーザー群をグルーピングするなど、従来のウェブ解析ツール単体ではまかなえない領域の課題を、アクセス行動ログデータを抽出して、事業データと統合し、統計分析することにより解決させます。

分析&施策設計例

  • リマーケティングの設計としてリーセンシー(接触間隔)の単位を1日にするのか、3日にするのか(実験計画法)
  • ABテストによる最適化において、全体オーディエンスに向けたクリエイティブテストか、よりパーソナライズしたターゲットに向けたクリエイティブテストをするのか。
  • データドリブン運用として収束した広告配信の絞り込み状態から、さらにCV獲得するための予算追加時にどのような配信をするかを探索と活用をする
  • メディアサイトの場合、どの記事が流入を稼ぐのか、サイト内回遊を促しやすいのか

「データサイエンス」については画一的な定義はなく色々な意見があります。科学的なアプローチによるデータ分析は、世の中や企業や自治体を取り巻く混沌とした現象から本質を見つけ出して、さまざまな課題を解決する力を秘めています。

ソリューションテクノロジー(M/A、ウェブ接客、アドテク、等)

Adobe Experience ManegerやSalesforce Marketing Cloudまたは、Google Cloud platform、Microsoft Azule などのマーケティングテクノロジーソリューションを導入し、機能を最大限に発揮し、企業のビジネスに有効活用するための業務支援を行います。

制作/開発(AIモデル開発、IoT活用、UI/UX実装、等)

例えば、ECサイトでのユーザーの嗜好に合わせた商品・コンテンツの推奨や商品販売の需要予測システムをAIモデル開発と実装を行い、より高精度かつ高速に大量の判断・予測を自動で可能とさせます。GoogleやMicrosoft、IBMまたはPython関連のライブラリなどの構築済みの機械学習モデルを活用することで、スピーディな導入と運用を実現させます。

Description of Business
事業内容
Contact Us

お問い合わせ

サービスに関するご相談はこちらからお願い致します。